ホーム > 通信制の学習 > 通信制Q&A
 

通信制Q&A

学習編

Q1:「単位制」って何ですか?
A1:
一年ごとに各自で学習する科目を決め、それを修得することで持っている単位数を増やしていきます。
本校では74単位以上になれば、卒業の条件の一つを満たすことになります。
したがって、学年は無く、原級留置(落第や留年)というものもありません。

Q2:どうすれば卒業できますか?
A2:
①高等学校に3年以上在籍し、
②必履修科目をすべて履修(りしゅう)し、
③修得単位数が74単位以上。さらに
④特別活動に30時間以上参加することによって、卒業が認定されます。
この4つの条件をすべて満たすことが必要です。

Q3:「履修」って何ですか?
A3:
科目の学習をやり終えたことを指します。履修条件は、各科目によって異なります。
本校では「履修認定」といって、単位は認められません(=0単位)が、その科目をやり終えたことが認められるシステムがあります。

Q4:「単位を修得する」とはどういう事ですか?
A4:
単位とは学習量を数値化したものです。
科目ごとに決められたレポート回数・スクーリング出席時間数・テスト合格の回数を満たすと、その科目の単位を修得することになります。

Q5:どのように学習を進めていけばいいのですか?
A5:
毎日学校に通うわけではありませんから、日頃は家庭での学習が基本で、自学自習となります。
教科書と学習書をもとに学習し、レポート提出・スクーリングの出席・テストの受験をします。

Q6:「レポート」ってなんですか?
A6:
学習内容を理解しているかを確認するために作成し提出するもので、問題集のような形式です。担当の先生が添削(てんさく)し、評価をつけて返送します。

提出すべき回数は科目ごとに決まっていて、2~13回となっています。
テストではありませんから、内容の理解が不十分と判断された場合は「再提出」となります。

つまり、通信制ではレポートが授業の代わりになるといっても過言ではありません。

Q7:「スクーリング」って何をやるのですか?
A7:
自学自習を補い疑問点を解消するために、出席するものです。
年間で出席しなければならない時間数が科目ごとに決まっていて、2~12時間となっています。
授業形式や自習形式、実技とさまざまな形で行われています。

スクーリングは、
日曜日が中央キャンパス(静岡市)・東部キャンパス(三島市)・西部キャンパス(湖西市)の3会場で実施します。
平日は、水曜日が中央キャンパスで、木曜日が東部キャンパスと西部キャンパスでそれぞれ18回ずつ行われています。

どの地区の入学生でも、都合の良い場所、時間に出席すれば良いのです。  

Q8:「テスト」はどんな感じで受けるのですか?
A8:
学習内容の理解度・到達度を見るために年間2~4回テストが課せられます。
レポートの進み具合に応じて受験します。

テストは定期テストではなく、各自がレポートの合格進度に応じて受験する形で、スクーリング日・テスト日のなかから都合の良い日を選んでください。
科目ごと決められた回数のテストに合格しなければなりませんが、不合格の場合は合格できるまで何度も受けられます。(テストの無い科目もあります。)

Q9:学習は完全に自分のペースでできるのですか?
A9:
効果的な学習を行ってもらいたいという観点から、一定の制限があります。
年度内で単位を習得するためには、年間2回の学習締切日までに各科目で決められた最低基準まで学習をすすめ、2月上旬の最終学習締切日までに全ての学習を完了することが必要です。
学習締切の基準をクリアできている限りは、1枚1枚のレポートについての細かな締切などはありません。

Q10:以前、高校に在籍していたのですが、その時の単位は生かせますか?
A10:
現在高校に在籍中の人でも、過去に在籍していた人でも入学(転入学・編入学)できます。
前に在籍した高校で修得した単位は生かされ、本校の修得単位に加算されます。
例えば、1年生の科目を全て修得している場合は、本校での2年間の学習で卒業が可能になります。

Q11:中学卒業後、長いブランクがあるのですが…
A11:
通信制では、現在、15歳から79歳まで様々な年令の人達が在籍しています。
いろいろな事情をかかえている人達が学習していますので、中学校から高校への橋渡しも兼ね、易しいところから始めています。
進度は様々、自分のペースで期限までにコツコツゆっくり進めていけばよいのです。
忙しい仕事を抱えたり、小さな子供がいたり、あるいは趣味を優先させながら、6,7年掛けて卒業していく人達もいます。
安心して取り組んでください。

 

生活編

Q1:どのような学校生活ですか?
A1:
スクーリングは9時30分から始まり、自分の出席する科目の時間に合わせて登校します。
1時限は45分で、6時限まで開講されています。
空き時間がある場合は、自習をしたり、テストを受験したり、仲間と談話したりなどをして過ごしています。

また、「特別活動」の時間もあり、様々な生徒会活動やホームルーム活動を行っています。特別活動には、学校行事も含まれ、遠足や球技大会・体育大会などが行われています。

なお、全日制や定時制にみられる「部活動」はありません。

Q2:「校則」や「制服」はあるのですか?
A2:
通信制では多くの人たちがそれぞれの目的を持って学んでいます。
「お互いを思いやり、社会のルールやマナーを守り、常識をわきまえて行動すること」これが本校の校則です。
したがって、制服もありません。

Q3:「特別活動」ってなんですか?
A3:
「特別活動」とは、教科の学習以外の教育活動のことです。
卒業に必要な出席時数が定められています。

年間計画には、ホームルーム活動、学校行事(遠足・球技大会・体育大会)、生徒会活動が予定されており、それぞれに認定時間が決められており、認定時間の合計が卒業に必要な出席時間になるようにしてください。